乗り心地

乗り心地が良い

乗車姿勢

クルーザータイプのバイクに乗ると、安楽椅子に座っている様な格好になります。
よく「西部開拓時代のカウボーイの乗馬姿勢」等と形容されるのですが、実際に馬に乗ってもこのような姿勢をとることはありません。
この様な乗車姿勢は、操縦性はあまりよくありませんが、長距離・長時間の運転において疲れづらく、快適に移動できます。 具体的には、シートの高さが低く、ハンドルバーやステップも長時間姿勢を楽に維持できるように膝や肘の曲がりがきつくならない位置や形状であることが多いです。

・ヘルメットの購入はこちら http://www.helmettol.net/

しかし、メーカーや車種によっては、欧米人のような大柄な体格を想定し設計している為、日本人のような小柄な体格では必ずしも楽でない場合があります。
また、2人乗り可能な車種では、タンデムシートに「シーシーバー(sissy bar:sissyとは、腰ぬけという意味)」と呼ばれる背もたれが装着されることも多く、乗り心地は他の形態のバイクに比べ良いものが多いです。