ハーレー・ダビッドソンとは

ハーレー・ダビッドソンとは

アメリカのウィスコンシン州ミルウォーキー市に本部を置くバイク製造会社です。
1903年にアーサー、ウォルターのダビッドソン兄弟とウィリアム・シルヴェスター・ハーレーによって設立されました。 バイクの心臓部であるエンジンの設計をハーレーが担当したため、ハーレーの名前の方がダビッドソンよりも先に来るようになりました。
ハーレーの最大の特徴は、大排気量空冷OHV、V型ツインエンジンがもたらす独特の鼓動感と外観であり、これに魅了されたたくさんの愛好家がいます。
日本産産メーカーの“クルーザーまたは、アメリカン”と呼ばれるカテゴリーのほとんどは、OHC、V型ツインエンジンで、ドライブ以外の特徴を真似たスタイルになっています。


日本では、1912年に陸軍が初めて輸入を行ない、後にサイドカーを中心に軍用車両として使用されていました。 一時期は「陸王」の名で、サイドバルブエンジン搭載の車両がライセンス生産・販売されたこともあったのですが、製造メーカーが倒産した後は、再び代理店による輸入販売のみとなりました。
現在は、1989年にハーレーダビッドソンジャパン(株)が設立され、正規販売を行なっています。

XHTMLの注意点の画像